小さな巨人と、ささやかな出来事

~我が家の小さな家族たち~

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚の飼育について 「飼育水とバクテリア」


Edit Category 【 金魚コーナー 】 > 金魚の飼育について
金魚を飼育していく上で 最も重要なものは「水」です
この飼育水が汚れてくると 金魚たちにとっても致命的な事に繋がる恐れがあります
飼育水は 常にキレイな状態を保っていきましょう



○飼育水の悪化の原因

 ・餌の与えすぎ 食べ残し
 ・金魚のフン 尿などアンモニアの発生
 ・光の加減による 苔 藻などの繁殖

 など いろんな原因があります
 水換えをする事によって 水質悪化を防ぎましょう



○「バクテリアの存在」と「飼育水の過程」

 よく水換えの際 「約1/3の水換えをしましょう」と説明文を目にしたりします
 なぜ 全部変えないの??っとなる事も
 これは 金魚を飼育していく上で 重要な事とも言える 「バクテリア」の存在が原因します

 このバクテリアが金魚たちにとって とても重要な役割をしてくれていますので
 約1/3の水換えで バクテリアを残すといった意味もあります
 全部 水換えをする事によって このバクテリアが無くなってしまうからなのです

 このバクテリアには 無数の種類が存在します
 水槽内で繁殖を繰り返し 金魚たちの免疫向上に役立っていたり
 飼育水の安定に一役かっています
 水が 澄みきって 透明に見えるのも このバクテリアのおかげでもあります
 このように水槽に水を入れてから よく「水槽の立ち上げ」と言いますが
 この最初の状態ではバクテリアが存在しないため 金魚たちにとって
 厳しい時期でもあります 次第にバクテリアが繁殖して 飼育水の安定に向かいます


・飼育水の過程
 水槽立ち上げから よく聞く「魔の1ケ月」 この期間について
 飼育水が出来上がっていく過程があります

 
 その仕組み過程は どういったものなのか
 まず初めに 水槽セットして初期の状態では
 よく金魚生体に有害だと言われる アンモニウムや亜硝酸などが発生します
 汚れの原因である窒素化合物である
 これらは しばらく水を回す事で ろ過の働きで変化していきます
 そのろ過の過程で
 アンモニウム→亜硝酸→硝酸へと 硝酸化作用と言いますが
 この間 約2週間ほどで変化していきます
 有害な亜硝酸から硝酸へと うまく ろ過が立ち上がれば 
 その水槽は 第1の壁を突破 成功です

 いつまで経っても亜硝酸が まだ残るようだと失敗です 金魚たちは苦しいままです
 免疫低下から 衰弱 及び病気になる可能性もあります
 よく言ったものです 約2~3週間で 問題が出てくるかも っと

 さて うまく経過してくれると 今度は約2週間後より 
 今度は 藻がチラリほらりと確認できる頃かと これは目安にしてください
 水槽内の環境の変化の表れです 
 光の加減で 緑藻か茶藻かは別として だんだん水槽内が変わってきました
 この2~3週間の間に 亜硝酸→硝酸へと

 そして約3週間を過ぎたあたりから いよいよ登場 生物ろ過の始まりです
 我々の言う 微生物(バクテリア)ですね
 よく微生物と言いますが 目に見えないから なかなか重要視しにくいですが
 これが うまく発生させて維持できるかが重要になってきます

 その微生物には かなりの種類がいますが 
 はじめに水の汚れの原因になる有機物をエサとする細菌類が増殖して
 その後 さらに大きな微生物(原生動物)が発生してきて
 さらに後生動物も これは よく聞く ケンミジンコとかワムシとかの類です
 これらの微生物が そういった増えすぎた細菌類や有機物をエサとします
 目を凝らすと見えるミジンコの類なんか 金魚の よいエサですが
 こういった感じで 安定した水ができていくのですね^^
 一言で言えば 目に見えない食物連鎖である
 このように微生物の存在 働きのお蔭で 水槽は より良い環境へとなります

 


・バクテリア
 水槽内で重要な役割を果たすバクテリア
 生物ろ過による 水の浄化 水質安定など 金魚たちにとって
 良い環境をつくってくれるのも このバクテリアのおかげです
 このバクテリアには無数の種類が存在しますが
 ここでは大きく分けて 2種類と分類します
 好気性バクテリアと嫌気性バクテリア
 専門家でもないので難しい用語はわかりませんが
 好気性のバクテリアは 酸素のあるところで活動する
 餌の食べ残しや 糞などの有機物の分解などは この好気性の働きによる
 嫌気性バクテリアは 逆に酸素のないところに棲息し
 窒素やアンモニアや二酸化炭素に分解するバクテリアで それぞれの役割がある

 ただ この無数にあるバクテリアの種類は 同族の繁殖を増やそうと
 生存競争が行われます
 この種のバランスが崩れると水質悪化 飼育水の崩壊に繋がります
 このバクテリアの種のバランスが取れた水槽が 安定した水槽と言えるでしょう
 バクテリアの棲息 及び コントロールが うまくできるかが重要である

 このバクテリアのコントロールと言っても アクアをされている方々は
 常に付き合っていかなければならない切っても切れない課題とも言えるでしょう
 
 バクテリアの棲息場所(敷砂 ろ材など)を使って定着させたり
 飼育水を放置するとバクテリアの種類が偏ったりするため 水換えによる調整
 など 工夫が必要である
 そして バクテリアは ほんの少しのダメージでも崩壊する恐れがあります
 phの違いによるphショック 塩素残留による死滅などの配慮も必要
 このバクテリアのコントロールや維持に長けている方々は ほんの少しのメンテナンスで
 長期にわたり 水質を維持される方々もおられるのも事実

 よく目にする 市販されているバクテリア もしくは種水と言った関係のものは
 どう受け止めるべきか 必要性の問題とも言える
 使用するにあたり 安定した 崩壊したの報告が見られるが
 バクテリアの働き 種類を理解したうえでの判断になる
 
 個人的見解では 種のバランスを考慮すると 自然発生するバクテリアの種の
 崩壊が懸念するため 必要性は感じない
 密封された容器に どのようなバクテリアが入っているのか ・・・??である
 少なくとも 種は偏っていると予想される
 バクテリアは自然発生するもの という事を知れば その仕組 知識 経験で
 水槽維持に努める事も可能である

 

スポンサーサイト

Newer Entry電柱を ぼ~っと見てた時間

Older Entry金魚の飼育について 「金魚のお世話」

 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
プロフィール

マッシュパパ

Author:マッシュパパ
家族をいつもそばで見ていたい
ささやかな事
ほんの小さな事
いろんな出来事を記憶に残したい
と思う今日この頃
と同時に運動不足を感じる年に(汗)

<主な登場キャラ>
・菜 乃(娘6歳)
・マッシュ【♂】、ひな【♀】
 (ロングコートチワワ)
・金魚
・アンジェラ(ハムスター)

 
 
 
 
 
 
 
ランキング参加中♪
アナタの その「ポチ」が うれしい♪
 
 
 
 
この人とブロともになる
 
Twitter つながろう♪
 
QRコード
QR
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 
マッシュ

 
ひ  な

 
アンジェラ

 
金  魚

 
ご訪問ありがとうございます
 

ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。